「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」 CURATORS TV

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

curatorstv-5858924473352192

「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」のギャラリートーク

スピーカー

黒田雷児

会場

福岡アジア美術館

会期

2014年9月6日~11月30日

展示について

テーマ 未来世界のパノラマ ― ほころぶ時代のなかへ Panorama of the NextWorld 開催趣旨 福岡アジア美術トリエンナーレ(福岡トリエンナーレ)は、福岡アジア美術館の継続的な調査研究や交流事業の成果と蓄積を生かして、3年ごとに、毎回異なるテーマでアジア21か国・地域の美術の新傾向を紹介する展覧会として、国内外から高い注目と評価を受けてきました。本展は、絵画、彫刻、インスタレーション、映像などの作品展示を行なうとともに、作家を福岡に招聘して共同制作・ワークショップ・パフォーマンスなどを実施し、福岡市民との交流の場を創り出すものです。福岡アジア美術館開館15周年に開催する第5回展は、従来のようにアジア新進作家の紹介を続けるとともに、下記に重点をおき、「福岡初・福岡発」の独自の国際展として福岡市・九州のみならず、東京等国内や国外からの集客をめざします。 参加国・地域 以下の 21カ国・地域 から約40組 が参加 パキスタン、インド、スリランカ、ネパール、バングラデシュ、ブータン、ミャンマー、タイ、マレーシア、シンガポール、ラオス、カンボジア、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、フィリピン、モンゴル、中国、台湾、韓国、日本

アーティストについて

04;44 アニッダ・ユー・アリ 07;24 ローヒニー・ディヴェーシャル 09;02 WATAGATA福岡釜山アートネットワーク チョン・アルム 田中千智 13;55 スニール・シグデル 16;56 ラティーシュ T. 18;52 キリ・ダレナ 20;37 ミン・ティエン・ソン 23;36 ムン・ギョンウォン&チョン・ジュンホ 28;03 スタジオ・レボルト、菅野将弘、コサル・キエフ 31;49 ハグヴァドルジ・エンフバット 34;48 チェン・イージエ(陳怡潔) 38;30 よしながこうたく 41;25 ミン・ティエン・ソン 43;05 バドゥザグディン・ナンディン・エルデネ 45;42 ペマ・ツェリン 49;53 プリラ・タニア 54;53 ユェン・グァンミン(袁廣鳴) 57;08 ヤン・ヨンリァン(楊泳梁) 59;31 ルー・ヤン(陸揚) 01;04;13 ファンク 01;06;56 チェ・ジョンファ 01;08;47 メヘリーン・ムルターザ 01;11;28 ガンボルディン・ゲレルフー

スピーカーについて

黒田雷児 キュレーター。彼が福岡市美術館 (1985-99)および福岡アジア美術館(1999-)で調査し開催した展覧会には、九州派の初の回顧展「九州派 反芸術プロジェクト」(1988)、「ネオ・ダダの写真」(1993)、「集団蜘蛛の軌跡」(1997)、またラシード・アライーン(1993)、イー・ブル(2001)、ライオネル・ウェント(2003)、郎静山(2011)の個展がある。また第1~5回の福岡アジア美術トリエンナーレ(1999、2002、2005、2009、2014)を共同企画した。