「明和電機ナンセンスマシーンズ展」 CURATORS TV

ARTLOGUE 編集部

ARTLOGUE 編集部

curatorstv-5248353398947840

「明和電機ナンセンスマシーンズ展」のギャラリートーク

スピーカー

土佐信道

会場

金沢21世紀美術館

会期

2014年1月21日~2月9日

展示について

00:00~ ライブ編 06:55~ TSUKUBA シリーズ 10:39~ NAK I シリーズ 14:18~ EDELWEISS シリーズ 19:03~ VOICE MECHANICS シリーズ 20周年を迎える明和電機のこれまで開発してきたナンセンスマシーンを一同に集めた展覧会を金沢21世紀美術館で開催します。 「自分とは何か?」をテーマに1990年代に作られた初期製品である「魚器(NAKI)シリーズ」から声の持つ不思議さをモチーフに作られた最新作の「ボイスメカニクスシリーズ」までおよそ150点の製品たちが集合します。 楽器体験コーナーや、明和電機の制服を着てステージに立つコスプレコーナー、独創的なアイディアの源となるスケッチの閲覧室や、明和電機のキュートでメカニカルなオモチャが買える「明和電機ショップ」など、さまざまな角度から明和電機の世界観が体験できます。 大人から子供まで楽しめる明和電機の展覧会にぜひみなさまお越しください。 20周年の節目に10年ぶりに作ったという新曲「明和電機のヤックウィ~ン」 のPVはこちらです。 http://www.youtube.com/watch?v=5t5NE9q--Sc

アーティストについて

土佐 信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会、商品開発など、国内のみならず広く海外でも発表。音符の形の電子楽器「オタマトーン」など制作多数。2013年には文化庁文化交流使の指名を受ける。2013年度で活動20周年。