モノが物語る力-ヤノベケンジ展「シネマタイズ」(高松市美術館)

三木学

三木学

モノが物語る力-ヤノベケンジ展「シネマタイズ」

現在、高松市美術館で四国初のヤノベケンジ大規模個展「シネマタイズ」が開催されています。今回、僕はDVDカタログ用のリーフレットの編集を行いましたので、展覧会の見所を項目別に紹介させて頂きたいと思います。

初期作品から最新作まで幅広い作品が結集

ヤノベケンジは、1990年代から現在まで現代アートの分野において、第一線で活躍しているアーティストです。最近では「あいちトリエンナーレ2013」や「瀬戸内国際芸術祭2013」などの芸術祭への出品や、小豆島、神戸、茨木(大阪市)、名古屋など、パブリック・アートの設置も多くなっています。特に巨大な彫刻作品や動く機械彫刻で知られています。 すでに作家歴も25年を超え、作品も膨大な数にのぼります。今回はその中から大小40点以上の作品が集められています。その制作遍歴が(1)「誕生」、(2)「サヴァイヴァル」、(3)「アトムスーツ」、(4)「“未来の廃墟”への時間旅行」、(5)「未来の太陽」、(6)「リヴァイヴァル-もう一つの太陽」、(7)「トらやんの大冒険-ヤノベケンジの代弁者」、(8)「シネマタイズ」、(9)「風神の塔」の9つのテーマとブースに分けられわかりやすく整理されています。 大きく言えば、世紀末社会における「サヴァイヴァル」をテーマにした90年代、「リヴァイヴァル」をテーマにした2000年代、「3.11以後の社会」をテーマにした2010年代の大きく3期に分けられると思います。 なかでも90年代の作品は、デビュー作の瞑想装置《タンキング・マシーン》(1990)、放射能防護服《アトムスーツ》(1997-2000)、電気自動車《アトム・カー》(1998)をはじめ、サブカルチャー・ポップカルチャーの影響を色濃く受け、現代アートの中で展開したことで、大きな話題となりました。アニメ・漫画・特撮映画・SF映画などの美術に出てくるような丸みを帯びたフォルムや、機能的な装置を持つ完成度の高い作品は、今見ても新鮮な驚きがあります。
《タンキング・マシーン》 胎内環境を模した隔離装置。体温程度に温められた生理食塩水に満たされた内部に入ると体が浮き、視覚と聴覚からの刺激も遮断されるため、深い瞑想状態に入れるとされる。アーティスト、ヤノベケンジが「誕生」した作品。
《タンキング・マシーン》 胎内環境を模した隔離装置。体温程度に温められた生理食塩水に満たされた内部に入ると体が浮き、視覚と聴覚からの刺激も遮断されるため、深い瞑想状態に入れるとされる。アーティスト、ヤノベケンジが「誕生」した作品。
《アトムスーツ》 放射線をある程度防御できる放射能防護服。生体の中で感受性が高い頭部や胸部、腹部、生殖器などにガイガー・カウンターを取り付けて、外部環境を検知する。《アトムスーツ・プロジェクト》では、実際に着用し原発事故後のチェルノブイリ原発周辺を探訪した。
《アトムスーツ》 放射線をある程度防御できる放射能防護服。生体の中で感受性が高い頭部や胸部、腹部、生殖器などにガイガー・カウンターを取り付けて、外部環境を検知する。《アトムスーツ・プロジェクト》では、実際に着用し原発事故後のチェルノブイリ原発周辺を探訪した。
《アトム・カー》 放射線を10回検知すると止まるため、コインを入れ続けないと走らない電気自動車。エネルギーと交通機関との関係性がアイロニーとユーモアを込めて表現されている。
《アトム・カー》 放射線を10回検知すると止まるため、コインを入れ続けないと走らない電気自動車。エネルギーと交通機関との関係性がアイロニーとユーモアを込めて表現されている。
 

巨大作品の数々

2000年代以降のヤノベケンジの彫刻には全長10m近いものもあり、今回も全長6.2mの《サン・チャイルド》(2011)、全長6.1mで座ったり立ち上がったりする《フローラ》(2015)が、吹き抜けのロビーに展示され、毎日多くの観客を楽しませています(無料のスペースです)。 特に《サン・チャイルド》は、東日本大震災後の復興・再生の願いを込めて、放射能防護服のヘルメットを脱ぎ、右手に小さな太陽を持って、前を見据えて立つ巨大な子供像です。《サン・チャイルド》は3体作られ、これまでに、大阪、東京、福島、愛知、岡山、ハイファ(イスラエル)、ロシア(モスクワ)など、世界各地で巡回展示され、1体はヤノベケンジの故郷である大阪府茨木市の阪急電鉄南茨木駅前にパブリック・モニュメントとして恒久設置されています。福島には「福島現代美術ビエンナーレ2012」に招聘され、運搬費をクラウド・ファンディングで調達して福島空港に展示されました。
Kenji Yanobe's "Sun Child" outside the Haifa Museum of Art, part of the "Double Vision" exhibition of contemporary Japanese art.(Wikipedia) 「ダブル・ヴィジョン-日本現代美術展」(ハイファ美術館/イスラエル)で2012年に展示された《サン・チャイルド No.2》(2011)
Kenji Yanobe's "Sun Child" outside the Haifa Museum of Art, part of the "Double Vision" exhibition of contemporary Japanese art.(Wikipedia) 「ダブル・ヴィジョン-日本現代美術展」(ハイファ美術館/イスラエル)で2012年に展示された《サン・チャイルド No.2》(2011)
《サン・チャイルド・プロジェクト in福島-208ドローイング-》(2012) 208枚の全種類異なる自筆ドローイングを支援者に提供。その中の1枚。 ©2012 Kenji Yanobe
《サン・チャイルド・プロジェクト in福島-208ドローイング-》(2012) 208枚の全種類異なる自筆ドローイングを支援者に提供。その中の1枚。 ©2012 Kenji Yanobe
《フローラ》は、初代《サン・シスター》が、2015年、琳派400年記念祭「パンテオン-神々の饗宴-」展において、京都府立植物園にちなんで花の女神として生まれ変わった作品です。「風神雷神図」の中央にありながら、後光で見えない観音像でもあります。アート・ディレクターの増田セバスチャンが衣裳・装飾をデザインした共作で、ワンピースのような服には光琳の流水紋が施されています。色とりどりの光が点滅し、時々、目覚めて立ち上がるので人気があります。二代目《サン・シスター》は2015年、阪神・淡路大震災20年を機に兵庫県立美術館前に常設設置されました。巨大な少女像である《サン・シスター》は、《サン・チャイルド》より少し成長したお姉さん的存在として、復興・再生の道標の役割を担っています。
手前に《フローラ》、奥に《サン・チャイルド》 本展に出品した《サン・チャイルド》は2番目に作られたもので、過去にイスラエルやロシアの展覧会で展示された。それぞれ手に持つ太陽の形が異なり、本作はチェルノブイリの幼稚園の壁に描かれていた太陽を模している。
手前に《フローラ》、奥に《サン・チャイルド》 本展に出品した《サン・チャイルド》は2番目に作られたもので、過去にイスラエルやロシアの展覧会で展示された。それぞれ手に持つ太陽の形が異なり、本作はチェルノブイリの幼稚園の壁に描かれていた太陽を模している。
《フローラ》は、瞑想して座っている状態から、時々、手を広げながら目覚めて立ち上がり、新しい時代の到来を告げる。立ち上がる時間帯になると、平日でも多くの人々が並び、立った瞬間拍手が起こる。
《フローラ》は、瞑想して座っている状態から、時々、手を広げながら目覚めて立ち上がり、新しい時代の到来を告げる。立ち上がる時間帯になると、平日でも多くの人々が並び、立った瞬間拍手が起こる。
その他にも、終末思想に捉われ、チェルノブイリの被災者を芸術表現のために傷つけてしまったのではないかという懺悔と贖罪意識から再び立ち上がり、「リヴァイヴァル」をテーマにした全長3mの《ビバ・リバ・プロジェクト-スタンダ-》(2001)、福島の風力発電所のためのモニュメントとして制作し、琳派400年記念祭において発表した全長8.4mの《風神の塔》、プラズマ発生装置を内包する全長6mの《ウルトラ-黒い太陽》(2009)など、美術館内部に全体が入りきらない巨大作品の数々には驚くことでしょう。
右《アトムスーツ・プロジェクト:保育園4・チェルノブイリ》(1997/2003)。チェルノブイリの廃墟となった幼稚園にあった人形を、《アトムスーツ》を着たヤノベケンジが拾い上げる写真。壁面には太陽が描かれている。 左《ビバ・リバ・プロジェクト-スタンダ-》。上記作品から着想。初期設定では一定量の放射線を検知すると、うつぶせ状態から立ち上がる。人形に命が吹き込まれて再生することをコンセプトにしている。また、第一子が誕生してつかまり立ちの時期と重なっていることと、ヤノベケンジ自身もチェルノブイリの体験を、前向きに昇華するために、魂の再生という意味も作品に込めている。
右《アトムスーツ・プロジェクト:保育園4・チェルノブイリ》(1997/2003)。チェルノブイリの廃墟となった幼稚園にあった人形を、《アトムスーツ》を着たヤノベケンジが拾い上げる写真。壁面には太陽が描かれている。 左《ビバ・リバ・プロジェクト-スタンダ-》。上記作品から着想。初期設定では一定量の放射線を検知すると、うつぶせ状態から立ち上がる。人形に命が吹き込まれて再生することをコンセプトにしている。また、第一子が誕生してつかまり立ちの時期と重なっていることと、ヤノベケンジ自身もチェルノブイリの体験を、前向きに昇華するために、魂の再生という意味も作品に込めている。
 

動く・光る・雷を作る・水を噴き出す

ヤノベケンジの作品といえば、動いたり光ったり炎や水を噴いたりするなど、様々な機能がある機械彫刻が有名なので、さらにいくつかご紹介します。
《アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ》 自身が、空也上人立像(六波羅蜜寺)を模したポーズで、ヘルメットを脱いで、口から6体のフィギュアを出している彫像。台座は、チェルノブイリの地図とポジフィルムやプリントされた記録写真がバックライトで照らさている。周囲にある無数のフィギュアは、放射線を検知すると光るものが含まれている。予知できない不可視の自然放射線を検知するセンサーと、不可視なものを感知して表現するアーティストである自分とを重ね合わせ、閉じられた妄想から開かれた現実へと移行していく予兆に満ちた作品。
《アトムスーツ・プロジェクト:大地のアンテナ》 自身が、空也上人立像(六波羅蜜寺)を模したポーズで、ヘルメットを脱いで、口から6体のフィギュアを出している彫像。台座は、チェルノブイリの地図とポジフィルムやプリントされた記録写真がバックライトで照らさている。周囲にある無数のフィギュアは、放射線を検知すると光るものが含まれている。予知できない不可視の自然放射線を検知するセンサーと、不可視なものを感知して表現するアーティストである自分とを重ね合わせ、閉じられた妄想から開かれた現実へと移行していく予兆に満ちた作品。
《ファンタスマゴリア》 ヤノベケンジの絵本『トらやんの大冒険』の世界を表現した作品。鉄に彫りが入っており、ライトが光ると、空間全体に物語の陰影が幻想的に投影される。彫刻自体も、絵本の中に出てくる亀の姿をしている。
《ファンタスマゴリア》 ヤノベケンジの絵本『トらやんの大冒険』の世界を表現した作品。鉄に彫りが入っており、ライトが光ると、空間全体に物語の陰影が幻想的に投影される。彫刻自体も、絵本の中に出てくる亀の姿をしている。
《風神の塔》 福島県飯舘村の電力会社のモニュメントを想定して制作。阿武隈大地をリサーチし、鍾乳洞や現地の妖怪の民間伝承などからヒントを得た造形にしている。風力発電機を備え、水を汲み上げ、噴き出すことを繰り返す。「パンテオン-神々の饗宴-」展で風神として発表された。
《風神の塔》 福島県飯舘村の電力会社のモニュメントを想定して制作。阿武隈大地をリサーチし、鍾乳洞や現地の妖怪の民間伝承などからヒントを得た造形にしている。風力発電機を備え、水を汲み上げ、噴き出すことを繰り返す。「パンテオン-神々の饗宴-」展で風神として発表された。
手前左《ビバ・リバ・プロジェクト-ニュー・デメ-》(2002) は、「リヴァイヴァル」をテーマにした初期作の一つ。磯崎新が大阪万博で制作した《デメ》をモデルに、「太陽の塔」、「エキスポター」の要素も加味した。幼少期に大阪万博会場の解体現場で遊んだ記憶から「未来の廃墟」の着想を得て制作を続けているヤノベケンジの直接的な大阪万博のオマージュ的作品。 中央《ウルトラ-黒い太陽》は、有機的な建築工法とエコロジー思想で大きな影響を与えた建築家、思想家のバック・ミンスター・フラーが考案したドーム工法の1つフライ・アイ・ドームを採用して外側に黒いトゲを付た。内側には交流発電機を発明した技術者、二コラ・テスラが発案した放電装置、テスラ・コイルを内蔵する。人工雷ともいえるプラズマ発生装置によって、新たな彫刻の可能性を開拓した作品。林海象監督の映画『BOLT』では原子炉のセットとして採用される。
手前左《ビバ・リバ・プロジェクト-ニュー・デメ-》(2002) は、「リヴァイヴァル」をテーマにした初期作の一つ。磯崎新が大阪万博で制作した《デメ》をモデルに、「太陽の塔」、「エキスポター」の要素も加味した。幼少期に大阪万博会場の解体現場で遊んだ記憶から「未来の廃墟」の着想を得て制作を続けているヤノベケンジの直接的な大阪万博のオマージュ的作品。 中央《ウルトラ-黒い太陽》は、有機的な建築工法とエコロジー思想で大きな影響を与えた建築家、思想家のバック・ミンスター・フラーが考案したドーム工法の1つフライ・アイ・ドームを採用して外側に黒いトゲを付た。内側には交流発電機を発明した技術者、二コラ・テスラが発案した放電装置、テスラ・コイルを内蔵する。人工雷ともいえるプラズマ発生装置によって、新たな彫刻の可能性を開拓した作品。林海象監督の映画『BOLT』では原子炉のセットとして採用される。
昨今、火や水などを扱うのは、管理上、美術館ではとても難しく、これらを実現させた高松市美術館には拍手を送りたいです。  

家族とキャラクターが生み出す物語

ヤノベケンジの立体作品における造形力は、世界の現代アート界の中でもトップクラスだと思います。しかし、そこに見え隠れする家族やキャラクター、そこから生み出される物語も魅力の一つです。
《イエロー・スーツ》 放射能防護服の機能を持つ初期作品。自分とペットのための防護服になっている。ガイガー・カウンターがすでに搭載されており、鉄板と鉛でできているため放射線に対する遮蔽性は高い。ただし、重すぎて動けないため、《アトムスーツ》に至る過程で徐々に機能性が上がっていく。
《イエロー・スーツ》 放射能防護服の機能を持つ初期作品。自分とペットのための防護服になっている。ガイガー・カウンターがすでに搭載されており、鉄板と鉛でできているため放射線に対する遮蔽性は高い。ただし、重すぎて動けないため、《アトムスーツ》に至る過程で徐々に機能性が上がっていく。
《ビバ・リバ・プロジェクト-スタンダ-》は、自分の第一子をモデルにしたものなので、頭と体、手足のサイズや、頭のフォルムなど、よく観察していることがわかります。幼児用の《ミニ・アトムスーツ》(2004)も、第一子が当時3歳であったこと、チェルノブイリで出会った子供も3歳であったことが制作の背景にあります。
《ミニ・アトムスーツ》幼児用のアトムスーツ。機能は大人用の《アトムスーツ》と変わらない精巧な作りになっている。高松市美術館が購入したことで話題になった。
《ミニ・アトムスーツ》幼児用のアトムスーツ。機能は大人用の《アトムスーツ》と変わらない精巧な作りになっている。高松市美術館が購入したことで話題になった。
《サン・チャイルド》も、学生たちとともにアイディアを練り、作り上げた作品ですが、実子からもう少し幅広い子供たちに対する思いが込められています。家族や社会に対するメッセージを、キャラクター性のある作品を使って、立体や物語にして表現していることは1つのポイントかもしれません。 2000年代以降は《トらやん》(2004)のシリーズが特に有名です。もとは実父が定年後に趣味で始めた腹話術人形ですが、だみ声であったために、人形を子供の姿からヒゲとハゲ頭に変更。それを、実父が《ミニ・アトムスーツ》に勝手に入れたことから偶然生まれたキャラクターと作品シリーズです。シリーズ初期の作品《森の映画館》(2004)は、第一子と第二子のために、実父(2人の祖父)が腹話術人形の《トらやん》を操りながら、核爆弾に対する心得を小さなシェルター機能を持つ映画館に上映して伝えるという作品で、心に訴えるものがあります。
《青い森の映画館》(2006) 《トらやん》のが登場する《森の映画館》のシリーズ作品。象の上に乗る小さな映画館には、絵本『トらやんの大冒険』の映像が流れている。 《トらやん》自体も複数作られており、近年では、小さなサイズの《ミニ・トらやん》(2007)と一緒にジオラマのようなインタレーションとして発表されている。さらに、巨大化した《ジャイアント・トらやん》(2005)や小豆島と高松、神戸をつなぐジャンボ・フェリーの甲板に常設さている《ジャンボ・トらやん》(2013)のように巨大化したり、絵本『トらやんの大冒険』、『ラッキードラゴンのおはなし』などのように物語になったり、現実と虚構の中を行き来きしてメッセージを伝えるヤノベケンジの代弁者としての役割を担っている。
《青い森の映画館》(2006) 《トらやん》のが登場する《森の映画館》のシリーズ作品。象の上に乗る小さな映画館には、絵本『トらやんの大冒険』の映像が流れている。 《トらやん》自体も複数作られており、近年では、小さなサイズの《ミニ・トらやん》(2007)と一緒にジオラマのようなインタレーションとして発表されている。さらに、巨大化した《ジャイアント・トらやん》(2005)や小豆島と高松、神戸をつなぐジャンボ・フェリーの甲板に常設さている《ジャンボ・トらやん》(2013)のように巨大化したり、絵本『トらやんの大冒険』、『ラッキードラゴンのおはなし』などのように物語になったり、現実と虚構の中を行き来きしてメッセージを伝えるヤノベケンジの代弁者としての役割を担っている。
ヤノベケンジ《森の映画館》(2004)内で上映されている映像。  

美術館での映画撮影

今回の目玉はなんといっても美術館での映画撮影かもしれません。林海象監督、永瀬正敏主演によるSF中編映画『BOLT』が、会期中に撮影されるため、(8)「シネマタイズ」のブースは、映画セットにもなるインスタレーションとして構成されています。 展覧会のタイトルにもなっている「シネママタイズ(Cinematize)」は、映画化するという動詞で、美術館や展示作品を使って映画を撮影する今回の展覧会のことを表しています。 同時に、ヤノベケンジの作品自体が、強いキャラクター性や物語性を持ち、映画のように現実を変えてしまう効果があるという二つの意味が含まれています。 美術館の展覧会において、実際に展示された作品が、映画セットになるということは聞いたことがなく、画期的な試みになると思います。映画の内容自体が、展覧会の内容と、重なり合うところもあるため、現実と虚構が複雑に交錯した映画が出来上がるでしょう。ヤノベケンジが築いた妄想の中で映画が撮られるのか、映画がヤノベケンジの世界を取り込んでしまうのか、林監督や永瀬正敏を始めとした役者とのせめぎ合いも楽しみなところです。
映画『BOLT』のためのインスタレーションと装備
映画『BOLT』のためのインスタレーションと装備。
映画『BOLT』のためのトンネル
映画『BOLT』のためのトンネル。
 

多数の魅力的な試み

ヤノベケンジの作品の他に、写真家でもある永瀬正敏の3.11後の写真作品が、映画セットの一部である巨大トンネルに展示されており、展覧会に流れるストーリーを重層的にしています。また映画のために新たなデザインで制作した「アトムスーツ」のヘルメットに様々なオブジェを入れて撮影した、永瀬正敏とヤノベケンジのコラボレーションによる写真作品が展示されています。映画に留まらない様々な形での共同制作・協働作業も見所の一つでしょう。
永瀬正敏《3.11 TOHOKU SWAN》(2016) 震災後に、東北各地を巡っている途中、白鳥の飛来を見て一筋の希望を見出した作品。
永瀬正敏《3.11 TOHOKU SWAN》(2016) 震災後に、東北各地を巡っている途中、白鳥の飛来を見て一筋の希望を見出した作品。
永瀬正敏《ATHOM HELMET in the Past and Future life》(2016) ヤノベケンジが映画『BOLT』で制作したアトムスーツに、様々なオブジェを入れて隠喩を込めた作品。
永瀬正敏《ATHOM HELMET in the Past and Future life》(2016) ヤノベケンジが映画『BOLT』で制作したアトムスーツに、様々なオブジェを入れて隠喩を込めた作品。
また、展覧会では全作品が撮影可能なのですが、ヤノベ作品を巡ってスタンプラリーが出来るスマホアプリ「ヤノベアプリ」と連動しており、会場の指定作品と、小豆島、関西圏にあるパブリック・モニュメントをコンプリートすれば賞品がもらえるようになっています。特に、全部集めた先着3名には、ヤノベケンジ自筆ドローイングがプレゼントされるという大盤振る舞い。毎度、サービス精神旺盛なことにも頭が下がります。 個人的には、自分の思いを絵と文字で描いているドローイングが好きでした。チェルノブイリに行った理由、立入禁止区域(ZONE)への自主帰郷住民(サマショール)との予期せぬ遭遇、その中でも暖かく迎え入れてくれた老人たちや3歳の子供との出会い、また一部の住民に罵倒されたこと…。受け止めきれないほどの重い現実を率直に告白しています。現在、福島で行っている様々なヤノベケンジの実践は、チェルノブイリで出来なかったことへの罪滅ぼしの思いがあるのかもしれません。
《LUNATIC DIARY アトムスーツ・プロジェクト》(1998) 《アトムスーツ・プロジェクト》において起きた出来事をドローイングとして記録した作品。
《LUNATIC DIARY アトムスーツ・プロジェクト》(1998) 《アトムスーツ・プロジェクト》において起きた出来事をドローイングとして記録した作品。
《LUNATIC DIARY アトムスーツ・プロジェクト》(1998) 《アトムスーツ・プロジェクト》において起きた出来事をドローイングとして記録した作品。
《LUNATIC DIARY アトムスーツ・プロジェクト》(1998) 《アトムスーツ・プロジェクト》において起きた出来事をドローイングとして記録した作品。
ドローイングにはなっていませんが幾つかのテキストや作品となっている、家族や学生、未来の子供たちへの思い、日本で同じような事故が起きたことに対する思い、その中で自分が出来ること…。それでも希望を持てる作品をユーモア込めて作り続ける姿勢が新た物語を生むのだと思いました。 番外として、万年水不足に悩む高松に、多数のため池を作った高松の恩人、矢延平六がヤノベケンジと何らかの縁があるのではないかと、地元の郷土史家で彫刻家の南正邦と、矢延の足跡をリサーチし制作した「紙芝居」も見ることができます。血縁関係は不明ながら、美術館にプールを作ったヤノベケンジとのシンクロする物語は、もう一つの「シネマタイズ」かもしれません。
南正邦『矢延平六ものがたり』(2016) 8月7日(日)に開催されたヤノベケンジと南正邦のリサーチプロジェクトで発表された、高松の恩人の一人でありながら、謎多き人物、矢延平六の人生を、事実と推測・虚構を織り交ぜながら、1つの物語にして、紙芝居として発表された。
南正邦『矢延平六ものがたり』(2016) 8月7日(日)に開催されたヤノベケンジと南正邦のリサーチプロジェクトで発表された、高松の恩人の一人でありながら、謎多き人物、矢延平六の人生を、事実と推測・虚構を織り交ぜながら、1つの物語にして、紙芝居として発表された。
会期は9月4日(日))まで。キャストを含めた映画撮影の詳細ももうすぐ発表され、会期も後半になりますので是非お見逃しのないよう、ご関心のある方は是非足をお運びください。 ヤノベケンジ展「シネマタイズ」フォトスライド 映画『BOLT』公開撮影スケジュール決定! http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/news/160823.html ヤノベケンジ展「シネマタイズ」予告動画 https://www.youtube.com/watch?v=GfTy7Igbw3g ヤノベアプリ(スマートフォン用無料フォトスタンプラリーアプリ) Apple App Store Google Play 『矢延平六ものがたり』スライドショー http://www.yanobe.com/ ヤノベケンジ展「シネマタイズ」 会 期:2016年7月16日(土)~9月4日(日) 会 場:香川県 高松市美術館 2階展示室、1階エントランスホールほか 時 間:9:30~19:00(日曜は17:00まで、入館は閉館の30分前まで) 料 金:一般1,000円 大学生500円 ※高校生以下無料 オフィシャルサイト: http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/exhibitions/ex/20160716.html  

三木学

文筆家、編集者、色彩研究者、ソフトウェアプランナー他。 独自のイメージ研究を基にした編集、執筆、ソフト開発等を行っている。近代建築、大阪万博、観光ペナント、色彩研究、現代アートなどの著作、寄稿多数。編著に『フランスの色景』、『大大阪モダン建築』、ヤノベケンジ『ULTRA』(すべて青幻舎)など。