イベントを読み込み中

← Back to イベント

奈義町現代美術館

708-1323 岡山県
奈義町, 豊沢441
0868-36-5811 http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/

館のご紹介

奈義町現代美術館(通称NagiMOCA)は、世界的な建築家・磯崎新氏のプロデュースのもと、国際的に活躍している荒川修作+マドリン・ギンズ氏、宮脇愛子氏、岡崎和郎氏の3人(組)のアーティストに作品依頼し、その作品を永久展示=建築化された「第三世代美術館」の先駆けです。また、常設作品を補う形で南棟に併設されたギャラリーでは、県内外の美術家の展覧会を年間通して開催しています。県内外の美術家の多彩な表現による展覧会やイベントを通じて、現代の表現を発信する拠点として機能しています。

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

料金

【観覧料金】
一般・大学生700円(500円)
高校生500円(350円)
中学・小学生300円(200円)
*()内は20名以上の団体料金

休館日

月曜日、祝日の翌日

アクセス

JR津山線で「津山駅」下車。中鉄バスの行方行き/馬桑行きで40分程度、「奈義町現代美術館前」下車、徒歩3分。

今後の イベント

イベントリストナビゲーション

2018年8月
+ Export Events

← Back to イベント

奈義町現代美術館

+ Google マップ
708-1323 岡山県
奈義町, 豊沢441
0868-36-5811 http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
この美術館は、通称Nagi MOCA(ナギ・モカ)と呼ばれ、わが国を代表する世界的な建築家磯崎新によって設計され、平成6年4月25日に開館しました。国際的に活躍されている荒川修作+マドリン・ギンズ、岡崎和郎、宮脇愛子の4人の芸術家に一般の美術館では収集不能とされる巨大作品をあらかじめ制作依頼し、その作品、又その全体の空間を作家と建築家が話合い、美術館として建築化したもので作品を本尊にたとえれば建築家はそれに覆い屋を架けるという発想から建てられた、いわば、作品と建物とが半永久的に一体化した、美術館です。当美術館は、太陽、月、大地と名付けられた、外部からも明らかに認知出来るような形の3つの展示室から構成され、この土地の自然条件に基づいた固有の軸線を持っています。「太陽」の軸は南北軸、「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指し「大地」の中心軸は、秀峰那岐山の山頂に向かっています。池に面した喫茶室から太陽、月、大地の展示室と同時に、借景になっている秀峰那岐山を望むことが出来ます。日毎、季節ごとにその表情の変化を据えることが出来るのは当美術館の見所の一つです。それぞれの部屋で静かに個人個人が全身の感覚で自分なりに何かを感じていただくようになっております。建築家と芸術家が共同制作した、この奈義町現代美術館は、未来の美術館の方向を示すものとして一つの提案を差し出した、公共の施設として世界で初めて実現した美術館です。

今後の イベント

イベントリストナビゲーション

2018年8月
+ Export Events