イベントを読み込み中

← Back to イベント

下関市立美術館

752-0986 山口県
下関市, 長府黒門東町1-1
083-245-4131 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/bijutsu/index.html

館のご紹介

歴史ある城下町長府の一角に1983年に開館した美術館。長府出身で近代日本画の祖といわれる狩野芳崖、下関市と縁の深い高島北海、香月泰男、桂ゆきなどの作家の秀作をはじめ、近現代の洋画・日本画を中心に、収蔵・展示をし、年4~5回程度の所蔵品展のほか、特別展を開催しています。
隣接には、長府庭園などがあり、歴史と文化の観光ゾーンとなっています。

開館時間

9:30~17:00(入館16:30まで)

料金

【所蔵品展の観覧料】
一般200(160)円、大学生100(80)円
※()内は20名以上の団体料金
※18歳以下の方は無料・70歳以上の方などの観覧料が免除されます
※特別展の観覧料はその都度変わります

休館日

月曜日(祝日と重なった場合は開館)、年末年始、展示替期間

アクセス

■山陽新幹線「新下関駅」からマリンランドまたは下関駅行きバスで約20分「関門医療センター」下車徒歩5分、またはタクシーで約15分
■山陽本線「下関駅」から長府、小月、宇部方面行きバスで約15分「市立美術館前」下車
または「長府駅」から下関駅または市立病院行きバスで約15分「市立美術館前」下車
■中国自動車道「下関I.C.」から約5キロ

← Back to イベント

下関市立美術館

+ Google マップ
752-0986 山口県
下関市, 長府黒門東町1-1
083-245-4131 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/bijutsu/index.html
下関市立美術館は1983年の開館以来、美術を愛するみなさんに親しまれてきました。各方面のご好意を得てコレクションを充実し、芸術文化の創造と振興の場として、開かれた美術館づくりが進んでいます。美術館は源平合戦終結の地、明治維新発祥の地として名高い関門海峡の東端に位置し、江戸時代、長府毛利藩5万石の城下町の入り口にもあたります。現在なおその面影をとどめる練塀や武家屋敷の長屋門、藩主の菩提寺で国宝仏殿のある功山寺や、 郷土史資料を保存展示する下関市立長府博物館、美術館に隣接した長府庭園(廻遊式日本庭園)などがあり、 美術館の周辺一帯は歴史と文化の観光ゾーンになっています