ARTLOGUE 東京都展覧会 中央区展覧会 銀座展覧会
ポーラミュージアムアネックス展 第14回 2019 ― 捨象と共感 ― ARTLOGUE 編集部 ARTLOGUE 編集部    更新日: 2019.02.06

EXHIBITION / 展覧会

中央区

ポーラミュージアムアネックス展 第14回 2019 ― 捨象と共感 ―

ポーラ ミュージアム アネックス| 2019.2.22(金) 〜 3.17(日)

  • 普通

口コミ(0件)


概要

「ポーラミュージアム アネックス展」は、公益財団法人ポーラ美術振興財団が、1996年以来実施している「若手芸術家の在外研究助成」を受けられた方々の研究成果をご被露いただく展覧会であり、今回で14回展を迎える。展覧会のタイトルとして「捨象と共感」という言葉が付されているが、このイメージによって出品作が選ばれているわけではなく、監修者が4名のアーティストに出品依頼を行い、作品はいうまでもなく各アーティストの自由な創意に委ねられている。「捨象と共感」という言葉は実は、「抽象と感情移入」という旧知の美術史家W.ヴォリンガーの概念を、監修者が意図的に変えてみたものである。デュシャン以降のアートの「困頓」いや「混沌」のなかで、批評家の側は旧い概念に頼ってみたくなる。捨象と共感とはただし、ここでは対立する概念として立てられているわけではない。創作者であるアーティストが何を選ぶこととなり、選ばれたものを受け入れたか。監修者がここに選ぶこととなった4名のアーティストの作品は、監修者に受け入れられたばかりでなく、多くの方々に受け入れられることとなると確信している。展覧会監修者 木島俊介(公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館館長)

口コミ(0)

人気ランキング 展覧会(全国)

魯山人館開館記念展  美の創造者 北大路魯山人

島根県 美術館・博物館

足立美術館

2020.4.1(水) 〜 6.30(火)

入江明日香 ― 心より心に伝ふる花なれば ―

茨城県 美術館・博物館

茨城県天心記念五浦美術館

写実絵画のいまむかし

茨城県 美術館・博物館

笠間日動美術館

TeNQ5周年×絵本「はらぺこあおむし」誕生50周年記念 『エリック・カールと宙(そら) 展』

美術館・博物館

宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)

太田喜二郎と藤井厚二

東京都 美術館・博物館

目黒区美術館

6月県博(けんぱく)デー

栃木県 美術館・博物館

栃木県立博物館

館蔵 夏の優品展「動物のかたち」

美術館・博物館

五島美術館

あなたのデスクトップにアートのインスピレーションを

ARTS WALLは、常にアートからの知的な刺激を受けたい方や、最新のアートに接したい方に、ARTLOGUEのコラムや、美術館やギャラリーで今まさに開催中の展覧会から厳選したアート作品を毎日、壁紙として届けます。 壁紙は、アプリ経由で自動で更新。